江戸川区の税理士 池田会計事務所です

池田会計事務所のホームページにきていただき、ありがとうございます。 池田会計事務所の代表、税理士の池田忠です。

弊所では、社長様のニーズに合わせて、3つのコースサービスを提供させて頂いております。

見積りなど詳細につきましては、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

 

税務サービス(価格重視) (毎月 1万円からのご提供)

ともかく、法人税の申告、帳簿の記帳はしないといけないが、出来る限り低い価額でご希望される方に最適のコースです。

メールと郵送を中心に、税務相談や資料のやり取りをして、帳簿の記帳をパソコンでお手伝いさせていただくことで、低価格でのサービス提供が可能です。

価格を重視されるお客様は、ぜひお問い合わせください。

 

税務・経営支援サービス(コストパフォーマンス重視) (毎月 1万5千円からのご提供)

価格も重要だが、会計や経営も重要とお考えの方に最適のコースです。

メールと郵送を中心に、サービスを提供させていただきますので、低価格でのサービス提供が可能です。

しかも、提供させていただくサービスは、税務サービスだけでなく、資金繰りや事業計画の作成、経営戦略を考えていただくためのお手伝いなど、パフォーマンスを重視したものとなっています。

コストパフォーマンスを重視されるお客様は、ぜひお問い合わせください。

 

税務・経営支援サービス(訪問重視) (毎月 2万円からのご提供)

ともかく、直接会って、納税予想や節税対策などの税務相談、資金繰りや事業計画の作成などをしたいと希望される方に最適のコースです。

直接訪問させていただくため、価格は高めになります。ただし、直接、顔を合わせての打ち合わせとなりますので、会話の流れで出てきた疑問や問題について納得いくまで相談できます。

その場で解決できない問題につきましては、できる限り早くメールなどで回答させていただきます。

お客様に合わせた柔軟な対応、お客様の経営についてのお悩みを解決するのには、最適なコースです。

訪問を重視されるお客様は、ぜひお問い合わせください。

 

ご挨拶

私は、小規模の会計事務所、大手コンサル系会計事務所での経験を通じて、経営の困難に立ち向かっていられる数多くの経営者のかたとお会いし、お話を伺う機会を持てました。 順調に経営の業績を伸ばしておられる経営者さま、元請け先が発注を海外に移転したため業績が急遽悪化し倒産に至った経営者さま、また、元請け会社や同業他社、競合他社からの情報収集をし、試行錯誤しつつ経営に取り組まれている経営者さまなど、さまざまです。 池田会計事務所の使命は、経営に格闘されている経営者さまの身近な相談相手として、税務、会計および経営に関する情報提供をさせていただき、経営者さまとともに経営を考えていきたいと思っています。 そこで、池田会計事務所では、経営者さまに、「税務・会計サービス」「財務・経営分析サービス」「経営戦略立案支援サービス」の3つのサービスを提案させていただいております。

 

税務サービスとは?

税務サービスとは、通常の会計事務所や税理士事務所などで提供させていただくサービスです。具体的には、適切な節税対策、納税予想、お客さまのための税務調査対応などをいいます。 税務署への申告に関わるサービスであり、また、税金は企業にとって大きなコストのひとつです。 弊所では、決算予想、納税予想、節税対策と常に先を見越した提案をさせていただき、経営で発生するコストを税務上有利になるように処理をし、投資においても有利な税制の活用などで、コスト改善や節税対策を提案させていただきます。

 

財務・会計サービスとは?

財務・会計サービスとは、過去の経営分析、将来の決算予想、資金繰り予想など、財務・会計に関わるサービスです。 決算予想のもとなる売上や経費などの予想、資金繰り予想、そして経営分析などをいいます。 弊所では、財務・会計サービスで適宜、御社の財務についてご報告させていただき、財務面で表れている経営の結果や問題点などを提示させていただきます。 通常の会計事務所や税理士事務所などと違い、その数字の裏にある経営活動に関連して数字を見ていただけるように情報提供させていただきます。 そして、経営者の方に、売上やコスト改善となるヒントを得ていただければと考えています。

 

経営戦略立案支援サービスとは?

経営戦略立案支援サービスとは、経営者さまの現状の経営を把握していただき、よりよい経営を目指していただくためのサービスです。 具体的には、現状のビジネスモデルの改善と将来のビジネスモデルの構築など、経営のありかたそのものに関わるサービスとなります。現状の経営の問題点の把握、将来の経営のありかた、そして経営改善の行動計画などをいいます。 弊所では、お客さまの経営戦略を支援させていただくため、お客さまの経営に関する悩みや課題を、私自身も一経営者としてその悩みや課題を共有させていただき、経営に関する情報提供をさせていただきます。