江戸川区/会計事務所-池田会計事務所は社長の悩みに親身に対応します

資金運用表 -安全性の実数分析-

 3分割資金運用表とは

資金運用表とは資金の調達と運用の動きを見るものです。2期間の貸借対照表の科目間の有り高の増減をとらえ、資金の調達とその運用に分類して資金の動きを見ていきます。ここでは3分割法の資金運用分析で考えます。 3分割法の資金運用分析では、資金の調達と運用の組み合わせを3つのカテゴリーにわけて見ます。運転資金、固定資金、財務資金の3つです。そして、運転資金、固定資金、財務資金のそれぞれについて、その調達と運用をみて資金の動きを見ます。

運転資金分析

運転資金分析とは、運転資金の増減を明らかにする分析です。運転資金とは、資金の調達源泉である買入債務とそれ以外の流動負債と、資金の運用である売上債権、棚卸資産、有価証券とをいいます。これら調達と運用のバランスを見て、運転資金の増減を把握して、その増減の原因を追及します。 売上債権、買入債務が増加している場合は、売上増加によるものかどうかを見ます。売上増加に連動して資金不足が生じているならば純然たる運転資金の増加となります。しかし、売上増加との関連性がないならば、売上債権の回収期間の長期化、買入債務の支払期間の長期化の可能性があります。この場合、売上債権ならば焦げ付きが発生していないかどうかを、買入債務であれば支払い期間の長期化の理由を把握しておく必要があります。 棚卸資産も同様に売上増加に連動して増加しているかどうかを見ます。連動しているのであれば、積極的な在庫となりますが、売上増加と関係なく増加しているならば、売れ残りによる在庫が考えられます。

固定資金分析

固定資金分析とは、固定資金の増減を明らかにする分析です。固定資金とは、資金の調達源泉である利益や固定負債と、資金の運用である固定資産や配当などの決算資金とをいいます。これら調達と運用のバランスを見て、固定資金の増減を把握して、その増減の原因を追及します。 固定資金の運用に当たりましては、利益で賄われていれば安定性が高いといえます。そのためには、配当などの決算資金が利益で賄われているかどうかを見ます。次に固定資産投資が利益で賄われているかどうかを見ます。不足している場合は、長期借入金や増資等の安定資金で賄われているかどうかを見ます。もし、短期借入金など短期資金で調達して、固定資産に投資しているのであれば、固定資産の運用を通して長期にわたって稼ぐお金で、短期的な資金を返済しなければならないこととなり、安全性の面から考えて適切ではありません。

財務資金分析

財務資金分析とは、運転資金および固定資金の増減に対して借入金などでどう対応しているのかを見ます。原則的には、短期の資金運用には短期借入金などの資金調達が、長期の資金運用には長期借入金などの資金調達が望ましいことになります。つまり、短期面での運転資金が増加して資金不足が生じているならば、短期借入金や割引手形で賄われているかどうかを見ます。固定資産投資など長期面で不足が生じているならば、長期借入金などで賄われているかどうかを見ます。

お気軽にご相談ください TEL 03-5879-2819 午前10時~午後5時(休祭日は除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.