江戸川区の会計事務所-会社の課題解決をお手伝いします-

生産性分析

生産性分析とは

生産性分析とは、ヒト、モノ、カネのインプットに対して付加価値であるアウトプットの比率を見るものです。つまり、投入した経営資源からどれだけの付加価値を生み出したのかという生産性を見ます。生産性分析は、「付加価値額÷従業員数」で計算できます。この算式で、従業員1人当たりの付加価値額が分かります。

付加価値額とは、企業が新たに生み出した価値です。たとえば、材料や部品を購入し、一部外注加工をし、製品として販売したとします。このとき、販売価格から、材料費や部品代、外注加工費など外部への支払経費をマイナスしたものが、その企業が生み出した付加価値となります。

生産性分析の展開

非製造業

生産性分析はその算式を展開していくことで、生産性の増減の原因が付加価値率にあるのか、従業員1人当たり売上高にあるのかが分かります。つまり、生産性の増減が、売上高に対する付加価値の割合、つまり自社加工度が変化したことによるものか、それとも従業員1人当たりの売上高が変化したことによるものかが分かるのです。

付加価値率とは、「付加価値額÷売上高×100%」で計算されます。これは、売上高のうちいくらが付加価値となっているかの比率です。

従業員1人当たり売上高とは、「売上高÷従業員数」で計算されます。これは、従業員1人あたりの売上高がわかります。

付加価値率はさらに、資本集約度と総資本回転率に展開できます。

資本集約度とは、「総資本÷従業員数」で計算されます。この算式では、従業員1人あたりどれだけの資本を持っているかを計算できます。

総資本回転率とは、「売上高÷総資本」で計算されます。この算式では、総資本がどれだけ効率よく売上高に貢献したかを計算できます。

製造業

生産性分析はその算式を展開していくことで、生産性の増減の原因が付加価値率にあるのか、労働装備率にあるのか、有形固定資産の効率的利用にあるのかがわかります。つまり、生産性の増減が、生産性の増減が、売上高に対する付加価値の割合、つまり自社加工度が変化したことによるものか、従業員1人あたりが所有する有形固定資産の度合にあるのか、それとも有形固定資産の効率的活用により売上高が変化したことによるものかが分かるのです。

付加価値率とは、「付加価値額÷売上高×100%」で計算されます。これは、売上高のうちいくらが付加価値となっているかの比率です。

労働装備率とは、「有形固定資産÷従業員数」で計算されます。これは、従業員1人あたりどれだけ有形固定資産を利用できるかを計算できます。

有形固定資産回転率は、「売上高÷有形固定資産」で計算されます。これは、有形固定資産がどれだけ効率よく活用され売上高に貢献されたかが計算されます。

お気軽にご相談ください TEL 03-5879-2819 午前10時~午後5時(休祭日は除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 池田会計事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.