江戸川区の会計事務所-会社の課題解決をお手伝いします-

借入金返済可能売上高

借入金返済売上高とは

借入金返済可能売上高とはその名称のとおり借入金返済が可能な売上高をいいます。銀行から設備資金を借りたときに、その資金を設備に投資します。そうしますと、その設備資金の返済は、減価償却費として売上高から回収し、また税引き後利益から返済する必要があります。

借入金返済売上高の計算

借入金返済可能売上高を計算するにあたっては、まず、借入金返済に必要な利益を計算します。計算は「(借入金-減価償却費)÷(1-0.3(概算実効税率))」で計算できます。次に借入金返済に必要な利益を出すための売上高を計算します。その計算は「(借入金返済に必要な利益+固定費)÷限界利益率」で計算します。以上で、借入金返済可能売上高が計算できます。この借入金返済可能売上高が企業が生きていくための最低の売上高となります。

借入金返済の販売数量

借入金返済可能売上高の販売数量とは、借入金を返済し企業が存続していくための販売数量です。その計算は「(借入金返済に必要な利益+固定費)÷製品1個当たりの限界利益」で計算できます。この販売数量が借入金を返済するための販売数量となります。

他にも、販売数量の変動、限界利益の変動などいろいろと条件を変える事で、有用な情報を計算することができます。

お気軽にご相談ください TEL 03-5879-2819 午前10時~午後5時(休祭日は除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 池田会計事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.