企業の財務的な安全性、支払いの能力について解説しています。

自己資本比率

 資金調達の方法には企業は資金を調達して、それを商品や設備などの財産に投資し、事業を行います。この時、資金調達の方法として、借入金など他人から資金を調達する方法と、自己資金で資金...

詳しくはこちら

固定比率

固定資産への投資は、自己資金で企業は資金を調達して、それを商品などの財産に投資し、事業を行います。この時、企業は、建物や機械、車両などの固定資産に投資することもあります。そし...

詳しくはこちら

固定長期適合率

固定資産への投資は、自己資金と長期借入金などで企業は資金を調達して、それを商品などの財産に投資し、事業を行います。この時、企業は、建物や機械、車両などの固定資産に投資することもあ...

詳しくはこちら

流動比率

買掛金や短期借入金の支払は、現金や売掛金の回収代金で企業は短期借入金など返済期限がすぐにくる資金も利用して、事業をしています。事業活動をしていく上で、買掛金や支払手形など営業上発...

詳しくはこちら

当座比率

本当の短期的な支払能力とは企業には流動資産として1年以内に現金化できる資産があります。具体的には、営業活動で発生した売掛金、在庫商品、1時保有の有価証券などです。これらの流動資産...

詳しくはこちら

インタレスト・カバレッジ・レシオ

インタレスト・カバレッジ・レシオとはインタレスト・カバレッジ・レシオとは、企業の借入金等の利息の支払い能力をみる比率です。支払利息(インタレスト)をカバーする(カバレッジ)倍率(...

詳しくはこちら