法人税について、売上から経費までの規定を説明しています。

法人税とは何でしょうか?

法人税が課される利益法人税とは、法人の利益に対して課される税金です。 法人の利益は、まず、損益計算書で計算されます。損益計算書の下部に記載されている当期利益が、決算利益となります...

詳しくはこちら

売上の計上時期は?

売上は利益の源泉売上は損益計算書の始めに出てくる項目であり、会社経営の目的であり、利益の源泉となるものです。会社は、売上を上げるために、経営活動を行います。言い換えれば、お客様に...

詳しくはこちら

売上原価の計算方法は?

売上原価は売上を生み出すモト売上原価は損益計算書では売上の次に出てくる項目であり、会社の売上を生み出すモトとなるものです。会社は、商品を仕入れ、その商品をお客様に販売して代金...

詳しくはこちら

役員報酬は定額でないとダメ?

人件費は経費のうち大部分を占めます人件費は販売費及び一般管理費に含まれ、経費でも大部分を占める場合が多くなります。人件費のうち、使用人に対する給与はまず問題とされませんが、役員に...

詳しくはこちら

交際費には税金が課税される?

 交際費には法人税が課税されます法人税法では、原則として、会社が支出した交際費等には法人税を課税することとしています。その理由は、交際費という無駄な支出を減らして会社の資金を増や...

詳しくはこちら

減価償却費とはどんな費用?

固定資産の費用計上には限度額がある?損益計算書では、減価償却費という費用が計上されています。減価償却費とは、建物や機械、車両などを買った場合、その購入代金を複数の年に分割して計上...

詳しくはこちら

少額の減価償却資産を買うと?

少額の減価償却資産でも費用の計上は複数期間になる?減価償却資産とは、会社が長期にわたり使用するために購入した、建物や機械、車両などの資産をいいます。長期にわたって使用するために、...

詳しくはこちら

修繕改良費は費用とは限らない?

修繕費は全額、費用とはならない?損益計算書では、修繕費という費用が計上されています。修繕費とは、建物や機械、車両などを修理改良のために支出した費用をいいます。法人税法上、修繕...

詳しくはこちら

リースなのに売買取引になる?

リース取引でも売買になる?会社を経営していますと、コピー機や車両、機械などをリースする場合もあります。この場合、リース会社に支払うリース料は、費用として損益計算書に計上されます。...

詳しくはこちら

繰延資産、費用が財産となる?

費用が財産となる繰延資産とは?会社を経営していますと、事務所を借りる場合があります。この時、権利金を支払うことになります。権利金は敷金と違い、賃貸借契約が終了しても返金されません...

詳しくはこちら